Home > ●●○○○

●●○○○ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

外資の常識―伝説のディーラー奮戦記

外資の常識―伝説のディーラー奮戦記 (日経ビジネス人文庫 ブルー ふ 4-2)外資の常識―伝説のディーラー奮戦記 (日経ビジネス人文庫 ブルー ふ 4-2)
(2007/11/01)
藤巻 健史

商品詳細を見る

何かの新聞或いはネットで連載されていたネタをそのまま本にしたもので、この人のファンにとっては面白い一冊なのかもしれないが、本の出来としては?をつけざるをえない。
ウスイ(会社の部下)とか家族の話を本の半分近く書かれても・・・・

ニンニクの科学

ニンニクの科学ニンニクの科学
(2000/06)
斎藤 洋

商品詳細を見る


ただ読んだ、それだけ。感想なし。

笛吹きインドひとり旅

笛吹きインドひとり旅笛吹きインドひとり旅
(2005/06)
うえの 善巳

商品詳細を見る


昨日読んだ本と違って、この本は完全に自分よがりの世界の本。

オーバーチャージ24000円くらいかな、参考になったのは。

ブラックバスがいじめられるホントの理由

ブラックバスがいじめられるホントの理由―環境学的視点から外来魚問題解決の糸口を探るブラックバスがいじめられるホントの理由―環境学的視点から外来魚問題解決の糸口を探る
(2003/06)
青柳 純

商品詳細を見る

正直、本としての面白みは皆無である。

外来魚をめぐる複雑な権利関係(中善寺湖)、国内外来魚(という言い方するのか?)であるアユやワカサギ、マス・サケ類に関してブルーギルと同様の議論は一切なされないこと、日淡をやっている人なら誰しもが思う疑問に関して書いてある点は評価できる。

子どもに聞かせる「お金と株」のはなし―子どもにお金で苦労させないために

子どもに聞かせる「お金と株」のはなし―子どもにお金で苦労させないために 子どもに聞かせる「お金と株」のはなし―子どもにお金で苦労させないために
赤峰 信 (2003/12)
実業之日本社
この商品の詳細を見る

題名はウソ。子どもに読み聞かせて飲み込める内容ではない。大体子どもって、どの年齢層を対象にしてるの??
大人が経済の基礎を思い出すために読むには良いと思う。

Home > ●●○○○

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。